頭皮の血行と運動

血行不良と運動不足が白髪の原因に?

 白髪の原因の一つに血行不良や運動不足が挙げられます。

 髪の毛は毛根で作られて伸びていきますが、その毛根に十分な血液と栄養素が流れないと、毛根の活動はどんどん弱くなっていきます。

 それでは頭皮の血行を良くするためにはどんな対策法があるでしょうか。

適度な運動

 血行不良には運動不足が挙げられます。

 運動することで血流が多くなり、体の末端の毛細血管まで血液が送られるようになります。

 また、適度な運動を継続することで、体の隅々まで血液を送るポンプ機能が改善されて、日常的に毛細血管でも充分な血流が流れるようになります。

 適度な運動といっても、急に朝晩のウォーキングやランニングを始める必要はありません。
 毎日意識的に、エレベーターやエスカレーターではなく階段を選んで使ったり、近所のスーパーや郵便局などへも、車ではなく、歩いたり自転車を使ったりするだけでも、大きく変わってきます。

「最近まったく汗をかかない」という方は要注意。
発汗は、皮膚の毛穴を綺麗に保つ効果もあり、これは毛根の健全な活動にも影響を与えます。

 毛穴が詰まっていると、抜け毛や薄毛に繋がると聞いたことがあるかもしれませんが、これも日頃から適度に発汗する事で皮膚(頭皮)の活動が活発になり、頭皮環境の改善にも繋がります。

 さらに、運動する事で体だけでなく精神的にも素晴らしい効果があります。

 適度な運動をすると爽快感を感じられますが、これはストレスを発散するホルモンが分泌されています。
 ストレスは体の毛細血管を収縮させて血行を悪くするもの。ストレスを発散させて、頭皮環境を良くするために、適度な運動はとても効果的なのです。

入浴で血行促進

 女性の場合、日常で汗をかく事に抵抗を感じる方が多くいらっしゃいます。
でもこれは、髪の毛への影響だけでなく、体全体にも良い物ではありません。

 そんな時は、入浴によって発汗することをおすすめします。

 シャワーだけで済ましてしまうのではなく、お風呂に入って体中から汗を流すだけで、皮膚の細胞は活発になり、お肌の角質もどんどん新しく変わって美容にも素晴らしい効果があります。

 さらには全身の血行が促進されますから、頭皮にも十分な血流が流れるようになります。

頭皮マッサージの効果

 頭皮の血行を良くするためには頭皮マッサージも有効です。
部分的な対策ではありますが、効果的な方法として入浴中のシャンプー時に指の腹を使って揉むように髪を洗いましょう。

 このとき、指の爪を立てるのは厳禁。
頭皮を痛めて炎症や傷を作ってしまいます。

 また、お風呂から上がったら髪を自然乾燥させずにドライヤーで乾かしましょう。

 髪を濡らしたままにするとキューティクルを痛めてしまうし、地肌が濡れている事で雑菌やカビの繁殖による臭いの原因、さらに水分が蒸発する際に頭皮を冷やして血行を悪くしてしまいます。

 タオルで十分に水分を吸水した後、ドライヤーで優しく乾かす事が大切です。